忍者ブログ
倭コラム

[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

“怒る”ということ
 “怒る”ということは、ものすごい労力を要するものである。
 つまり、怒ることだって簡単ではない、ということだ。

 ひとが怒るときには、必ず何かしらの理由がある。
 つまり、怒られるときにはたいてい自分に理由がある、ということだ。



 私は基本的に怒らない。
 …と、自分では思っている。

 愚痴をこぼしたり、イライラしていることは、確かにある。
 だからって本気で怒っていることはそうないつもりだ。

(些細なことでスネることは多々あるけどね。あれは冗談だよ)


 ちなみに普段の目つきが悪いのは、決して怒っているからではないということだけは覚えていて欲しいのだけれど。



 そんなことより。

 個人的な話になるが、私は“怒っているひと”というものが苦手だ。

 その場の空気までピリピリさせるほどイライラしているようなひとに
関わりたくないと思うのは、きっと人間の本能であって、誰もが同じだろう。



 けれど私は、怖いのだ。
 その“怒っているひと”という存在自体が。



 例を挙げよう。
 先日、私の友人がケンカしたときの話をしていた時のこと。

 彼は本当に怒っていたのだろう、相手を罵倒する言葉を吐き連ねていた。
 しかしそれを聞いていると、その話を聞いてあげる気持ちも、なだめてあげようとかいう気持ちも、同情する気持ちも何もかも、すべてが消えてしまう。

 そして、次からは彼には話し掛けないようにしよう、なんて思ってしまう。
 どう接してよいのかわからなくなってしまうのだ。



 私は、こういったマイナスの波動を生み出すだけの怒り方はしたくない。

 そんなものは、痴漢に出逢ってしまった時くらいで十分だ。
 そういう時は、むしろ十二分にイライラしても構わない。許す。



 ――では、何故ひとは怒るのか?

 私が怒るときは、たいてい“信じていた”ときだ。

“あのコなら大丈夫、ちゃんと出来るだろう”
“やってくれるって言っていたし大丈夫だろう”
“連絡がないのは大丈夫な証拠だろう”

 そう、信じていたとき。

 それでも出来なかったり、出来ないのに連絡をよこさなかったり、期限ぎりぎりで連絡してきたり。

 それならば、私は怒るだろう。
 ただしそれは、社会に出た際には確実に自分の首が危ない瞬間だと思ったほうがいい。



 それと、本気で伝えたいとき。

 例えばイメージだったり、気持ちだったり。
 だけどそれは私の伝え方が不十分な場合もあるし、たいていは怒るより泣く気がするからいいんだけど(苦笑)





 ……で、結局なにが言いたいかっていうと。


 ひとつは怒っても疲れるだけだから、仕方ないって思うことも大事だっていうこと。

 車を運転していて、乱暴な割り込みをしてきた車に怒鳴りつけたところで、その運転手が悔い改めるわけでもないし、今後そういう車と遭遇しないわけでもない。

 つまり、怒るだけ労力の無駄遣いだということだ。


 ふたつめは、“わかって欲しい”という気持ち。
 そして私の作品への真剣さだ。

 これからも何度も言っていくと思うが、私はこの『世界』という“作品”を作ることに対して、誰よりも本気で誰よりも真剣だっていうこと。

 それを理解したうえで、一緒に創り上げて欲しいと思う。



 そしてスタッフ一同なるべく怒らずに進めていく予定なので、一人ひとりが節度を持った行動をとろうね、ってこってす。よろしくね(^ω^)

つづき。
PR
COMMENTS
SUBJECT
NAME
E-MAIL
URL
PASS  
COMMENT
TRACKBACKS
トラックバックURL

 
from 倭コラム 2008.02.11 Mon 01:10
 先日、本を買いました。  「心の休ませ方 「つらい時」をやり過ごす心理学」という加藤諦三氏の本なのですが、以前「“怒る”ということ」で書いた文章について補足というか、発見があったのでここに追記します。...
アーカイブ
プロフィール
HN:
クララ
年齢:
29
性別:
女性
誕生日:
1988/03/13
学年:
大学3年生
趣味:
絵 / パソコン
自己紹介:
 
北翔大学/生涯学習システム学部/芸術メディア学科。
 
ソーラン参加チームは以下の通り。
〈2006〉浅井学園大学~友和~
〈2007〉酪農学園大学
〈2008〉札幌学院大学・文京台
 
この他にも名古屋遠征や仙台遠征などで「ムギョウ~無形~」「Eden」等にも参加。
リンク
カテゴリー
最新記事
最新コメント
QRコード
ブログ内検索
お天気情報
PR